映画 ローマの休日

多くの人が一度はご覧になったであろう、不朽の名作。

久しぶりに見返してみた感想は、同じ映画なのに、20代・30代・40代・・・見るタイミングによって、感じ方がずいぶんちがうんですね。新鮮でした^^

まだ見たことのない映画を見るのも楽しいけれど、過去に見た映画をもう一度見てみるのも、新しい発見があっておもしろいですね^^

ローマの休日が公開されたのは、もう66年も前のこと。

モノクロームなのに、モノクロームだからこそ?光と影を感じます。

ダイヤル式の黒電話。旧式の自動車。人々の装い。あるゆる光景において、時代を感じます。

ですが、ヘプバーンが、リアルタイムで演じているかのように、生き生きと感じられるんですよね。

 

【ローマの休日に登場するワイン】

ローマの休日では、物語が始まってすぐに、赤ワインが登場します。

ジャーナリストに扮するグレゴリー・ペックが、帰宅後の部屋で、タンブラーで赤ワインをあおるシーン。

彼が住んでいるのは、狭いワンルーム。家賃を2ヵ月も滞納していることから、お金に余裕がないことが容易に想像できます。

そんな彼が自宅でワインを飲むには、ワイングラスだと役不足。というより、過剰なのです!

このシチュエーションや彼の身分には、タンブラーが絶妙に合っているのです。

そして、オードリーが演じるアン王女は、隣国を表敬訪問中。分刻みに決められたスケジュール。
自由がまったくない日々にうんざりして、お城を抜け出して、ローマの街に繰り出します。

ジョー(グレゴリー・ペック)に出会い、彼のアパートに転がりこみます。

後半には、アン王女(オードリー・ヘプバーン)もジョーと一緒に、タンブラーでキャンティの安酒を飲むシーンが出てくるのですが、王女である彼女は、おそらくワインをコップで飲んだことなどないでしょう。クリスタル製の「きちんと」したグラスで飲んでいるはずです。

赤ワインを入れるタンブラーが演出しているのは、2人の身分のちがい。アン王女の非日常へのあこがれや、ワインをコップで飲む自由や気ままさ

ところで、後半のワインのシーンで出てくるのは、トスカーナ産のリーズナブルな赤ワイン、キャンティです。

フィアスコボトルと呼ばれる、わらに包まれたトラディショナルな瓶に入っています。このフィアスコボトルのワインは、最近はほとんど見かけなくなりました。
田舎っぽい雰囲気があって、かわいらしいのですが、12本入りのワイン箱にも入らないし、リサイクルもしにくいでしょうから、現代は姿を消しつつあります。

この映画が撮影された時代は、キャンティといえば、フィアスコボトル入りがスタンダードだったのでしょうね。やはり時代を感じます。

【映画のデータ】
ローマの休日
公開年:1953年
時間:118分
監督:ウィリアム・ワイラー(アメリカ)
俳優:グレゴリー・ペック、 オードリー・ヘプバーン  他

 

 

■サービスメニュー
ご提供中のメニューは、こちらから

■ワインサロン
ワインサロンのご案内は、こちらから

■川口あずさのLINE@
スマホの方は、友だち追加ください。

パソコンの方は、こちらから

■無料メルマガ
川口梓のメルマガは、こちらから

■お問い合わせ
コラボ・掲載・講演のご依頼・ご注文・お問合せは、こちらから

■フォロー・友達申請大歓迎です。
川口 あずさ Facebookは、こちらから
川口 あずさ Instagramは、こちらから
川口 あずさ Twitterは、こちらから

 

関連記事

  1. 映画 ブルゴーニュで会いましょう

  2. シャンパーニュの飲み方で育ちがわかっちゃう!?

  3. 映画 ニュー・シネマ・パラダイス

  4. 「映画とワイン」でなぞ解きを

  5. 映画 サイドウェイ