川口 梓 / WSET ディプロマ 認定のワイン専門家


  • 映画とワイン

映画 ブルゴーニュで会いましょう

パリで有名なワイン評論家として活躍している主人公が、数多くのワインをブラインド(銘柄を隠した状態で)試飲している場面から、物語は始まります。

主人公の実家は、ブルゴーニュの歴史あるドメーヌ(生産者)。多額の負債を抱え、倒産の危機に陥ったワイナリーです。

代々受け継がれてきた由緒ある畑の存続のため、主人公はブルゴーニュに戻り、ワイン造りを始めます。

しかし、苦難の連続!

50年もワインを作っている熟練の生産者だって、試行錯誤を続けているのだから、初めてワインを造る若者にとっては、そりゃそうでしょう。

この映画には、ブルゴーニュのワイン造りを象徴するような情景が、あちこちに出てきます。

たとえば、

黄金色に輝く、秋のぶどう畑。  

容赦なくぶどうの樹にダメージを与えるヒョウ。

トラクターではなく、馬をつかった昔ながらのすき込み作業。

アメリカやボルドーのワイン造りを皮肉っているような場面も出てきます。 

そして、

お互いへの不満や不信感でいっぱいだった、老いた父と息子が、信頼を、そして家族の愛情を取り戻すまでの軌跡。

ブルゴーニュファンの人は、隅から隅まで楽しめる映画だと思います。

テロワールも大事。
天候も大事。

だけど、

ワイン造りで一番大事なものは、「人」なんだと納得させられる映画でした。

言うまでもなく、見終わった後には、ブルゴーニュワインが飲みたくなります。

特に、コルトンの赤ワインを。

予告編は、こちらからご覧いただけます。

【映画のデータ】

ブルゴーニュで会いましょう(Premiers crus)
公開年:2015年
時間:97分
監督:ジェローム・ル・メール(フランス)
俳優:ジェラール・ランバン、ジャリル・レスペール、アリス・タグリオーニ  他

 

 

 

■サービスメニュー
ご提供中のメニューは、こちらから

■ワインサロン
ワインサロンのご案内は、こちらから

■川口あずさのLINE@
スマホの方は、友だち追加ください。

パソコンの方は、こちらから

■無料メルマガ
川口梓のメルマガは、こちらから

■お問い合わせ
コラボ・掲載・講演のご依頼・ご注文・お問合せは、こちらから

■フォロー・友達申請大歓迎です。
川口 あずさ Facebookは、こちらから
川口 あずさ Instagramは、こちらから
川口 あずさ Twitterは、こちらから

 




Pagetop