わたしがついているから、大丈夫。【がんばる受験生のためのワインコーチング】

ワイン試験に挑戦する人のやる気と能力を200%引き出す
マンツーマンのメンタルコーチ、川口 梓です。
オンラインで伴走します!マンツーマンのワインコーチング
ワインコーチを始めて2か月がたち、受験生のお役に立てている充実感を感じています。
 
ワインは、教えません。
 
不安や孤独な気持ちになりがちな受験生に、メンタル面のサポートを行っています。そして、受験生おひとりおひとりに合った、教材選びのお手伝いや勉強法のご提案をしています。
オンラインで行っているマンツーマンのセッションでは、ご本人が持っている能力とモチベーションを最大限に引き出せるように、そのかたに合った距離感を大切にしながらすすめています。
 
私は20年におよぶワイン業界での経験はありますが、誰かのコーチとして活動をするのは初めてです。
そもそも、ワインコーチという言葉すら存在していなければ、そんなサービスを聞いたことがありません。
 
誰もやったことがないことを、私ができるのだろうか?コーチングの資格を持っているわけでもないし。。。
しかも私は、決して優秀な受験生ではありませんでした。イギリスの試験を英語で受けるというのに、ほんとうに乏しい英語力しか持ち合わせていませんでした。
でも、優秀じゃない私だからこそ、お手伝いできることがあることに気づきました。
フルタイムでの会社勤務をしながら、乳飲み子と保育園児を育てながら、4年かけて、日本で受験できる最難関のワイン試験である イギリスWSETディプロマの認定証を手にできました。
コーチングを受けていただいているかたには、私が実践してきたことも織り交ぜながら、ベストな方法をご紹介しています。
ーどうやって、勉強時間を捻出すればよいか?
ーいかに、英語を克服するか?(WSET Diplomaの試験では、A4用紙に10ページもの英作文として解答する必要があります^^)
ー日本人にはハードルの高い論述対策は、何からどうやって始めるか?
ーインプットとアウトプットのバランスは?
セッション前には不安な色が見られた受験生のお顔が、セッションが終わるころには明るくなり、自信とやる気がみなぎっているのが、専属コーチとして、とてもうれしいことです。
 
受験生の皆さんは気づいてないかもしれないけれど、ワインの試験に挑戦しているだけで、ものすごいことなんです。挑戦しているからこそ、落ち込むこともあります。
 
試験に合格するには、ご本人の行動力が不可欠です。学習を継続していかないといけないです。
 
私は受験生の少しだけ前にいるだけです。コーチができることは限られています。だからこそ、がんばっているあなたの実力とやる気が200%発揮できるよう、最大限にサポートしていきます。
ワインコーチングサービスは、3月末までは、モニター価格でお申込みいただけるようにしていますが、人数に達した時点で、モニター価格でのお申込みは打ち切らせていただきます。モニターにご協力いただけるかたは、お早めにお申し込みください。
ワインコーチングを必要としているかたに届きますように。
オンラインで伴走します!マンツーマンのワインコーチング

関連記事

  1. Diploma勉強会で講師をつとめました

  2. 【ワイン学習者に超おすすめ!】ワインの学びとワインの資格にフ…

  3. 【D2対策/WSET Diploma】アウトプットとフィード…

  4. スランプ時の過ごしかた

  5. やる気が出ない?モチベーションの保ち方【ワインの受験勉強】

  6. 【お知らせ】ワインコーチングを始めました!

ワインコーチングとは?

Twitter でフォロー