スランプ時の過ごしかた

こんにちは!ワインの資格試験を目指す人のためのワインコーチ、川口 梓です。

オンラインの定期セッションで、受験生のお悩みに触れました。

「机には座れるし、やる気はあるんだけど、どうも進まないんですよね~、次の試験まであと1カ月なのに、ああ、どうしよう(汗)」

そういえば、私にもあったなぁ。。。

なんだか、無気力になってしまって、やる気がでない状態。いや、やる気はあるんだけど、行動に移せない状況。

4年間のWSETのディプロマ受験時代に、モチベーションが低くなってしまって、勉強がはかどらない時期って、何度もやってきました。

試験後に、燃え尽き症候群になってしまい、やる気が出ない、という場合もあります。

ディプロマの試験では、7つのPassをもらわないといけないので、一つ合格したらそれで終わり、というわけにはいかないのでね。。。

試験日が迫ってきているのに、エンジンがかからない、という時も。

そして、「ほんとに、やばい…」と焦る。

でも、進まないぃ~。

「もう、だめだ~」と自信を失ってしまう。

ワインの受験勉強は、半年スパンとか1年スパンで取り組む必要があるので、スランプあるあるです。

何年も走り続ける必要はないです。

常に全力疾走でなくて良いんです。

スランプは誰にでもやってきます。

 

勉強ばかりやってると疲れちゃうから、息抜きも必要です。

立ち止まるときだって、あります。

かっこ悪くても良いから、スランプの時の自分もひっくるめて、認めてあげることが大切です。

今日は、スランプ時の対処法をいくつかご紹介します。

★これだけはやる!というメニューを決めておく

一日のうちで、最低限、これだけはやっておく!というものを決めて実行するんです。  スランプ時にも続けられる勉強を用意しておくと、ほんの少しずつでも前に進むことができます。少しでもできたら、スランプなのに取り組んだ自分を、思いっきりほめてあげてくださいね。

★ルーティン化する

考えなくても勉強を継続できるように、ルーティンに入れてしまいます。

「朝起きた時の5分間だけ、アウトプット練習をする」

「ランチタイムは、10分勉強したあとに昼食をとる」

★時間や場所を変えてみる

学習の時間帯や場所を変えてみるのも、効果的です。

朝時間を活用するのも、おすすめです。

メンタル面において、一日の中で最も前向きでいられる時間帯です。

早朝は頭がすっきりしているので、勉強がはかどります。

一日がスムーズに過ごせる前夜から行動が変わってくるのも、うれしい副産物です。

★やらない

思い切って勉強をお休みしてみる

★ごほうびを先に与える

どうすると自分が元気になるか、手段を作っておくとモチベーションがアップする人も多いです。

どんなごほうびがあるとがんばれそうですか?

  • 美味しいものを食べる
  • とにかく早く寝る
  • アロマを焚く
  • ヨガで汗をかく
  • ノートに感情を書き出す
  • 好きな俳優に会う(YouTubeやDVDなどで)
  • お気に入りの画像を眺める
  • 瞑想するさんぽに出かける
  • ドライブする
  • 旅行に行く

 

受験生の望む結果が出せるように、朝時間を試験勉強の武器にしてもらうために、2月より朝勉をやっています!

火曜&金曜の、朝5時から6時までの1時間、画面OFFの状態でZOOMをつないで、各自で自習をしています。

ルールは、開始前に、その日取り組むことを宣言するだけ。

とにかくこの1時間は、黙々と自習をします。

たかが1時間なんですが、はかどるはかどる!

しかも朝勉をした日は、なぜか、1日がスムーズに回っています。

ひとりじゃない!、というのも大きいです。もう少し寝ていたいけど、●●さんが待ってるから、起きなきゃ!と、自分自身を奮い立たせることができています(笑)

この記事の冒頭でお話しした受験生ご自身も、早朝勉強を取り入れたところ、モチベーションが戻ってきたようです。

ZOOM朝勉の火・金以外の日も、早朝からお勉強をされているとのこと、また新たなリズムで取り組まれていて、私もとてもうれしいです。

最後に、、、

スランプに陥るのは、頑張っている証です。

調子が上がらないときは、少し立ち止まって、ご自身にごほうびをたっぷりあげてくださいね。

そして、学習の進め方や生活リズムを、見直してみてください。

いつも、応援しています。

 

ワインコーチングの詳細・お申込みは、こちらから

関連記事

  1. Diploma勉強会(ブルゴーニュ)

  2. 【ワイン学習者に超おすすめ!】ワインの学びとワインの資格にフ…

  3. 【D2対策/WSET Diploma】アウトプットとフィード…

  4. 【ワイン試験対策に】エア・テイスティングのすすめ

  5. WSET Diploma合格の鍵は、すきま時間の活用だった

  6. 【人気記事5選】WSETディプロマの記事のレビュー

ワインコーチングとは?

Twitter でフォロー