アルベルトのドラド、シェリースタイルの上級品

今日は、スペインのドラドをご紹介します。

ドラドは、ルエダ地区で産み出されるシェリースタイルの酒精強化ワイン。

〈ルエダという産地〉

ルエダ地区は、首都マドリードから北西に200キロほど。標高700〜800mほどの高地にあります。

典型的な大陸性気候のため、夏は暑く冬は寒い場所です。

年間降雨量は800程度。雨が少なく乾燥しています。

〈ベルデホという品種〉

ベルデホから作られた白ワインは、フルーティだけど、酸味は穏やかです。

干し草やドライハーブ、柑橘類や白桃などの香りが特徴です。

ベルデホは、暑さに強いブドウ品種です。多くの品種は暑さによって酸を失ってしまいますが、ベルデホは暑くても酸を保つ特性があります。

夏の暑さが厳しいルエダで、人気の白ワインが作られるゆえんです。

〈アルベルトのドラド〉

シェリースタイルの酒精強化ワイン。辛口のフィノタイプです。

ルエダ地区では、1980年頃までは酒精強化ワインドラドがさかんに作られていましたが、今ではたった数軒のみ。

その中でも、伝統的な製法を継承しているのは、このアルベルトだけなのです。

〈ワインのスタイル〉

美しい黄金色。りんごの蜜のようなアロマやハーブの香りが立ち昇ります。ジャスミンを連想させる余韻も。

辛口。原料ブドウのクオリティが高いからでしょうか。芯の通ったワインです。とてもエレガント。

ボリュームがあって、余韻が非常に長いです。

大量生産された安いシェリーとは、明らかに一線を画すワインでした。

関連記事

  1. シェリーのいろは②(辛口タイプ)

  2. 暑い日には、暑い地のワイン

  3. シェリーのいろは①(シェリーとは?)

  4. シェリーのいろは③(甘口タイプ)