祝!ボジョレーヌーヴォー2021解禁

今日はボジョレーヌーボーの解禁日。
今年も無事に収穫できた喜びと、
生産者への敬意を込めながら
朝から何種類か試飲してみました。

ボジョレーヌーヴォーとは?

フランスのブルゴーニュ地方の最南部に
位置するボジョレー地区で、その年に
収穫されたガメイというブドウ品種で
作られ、その年に出荷される新酒の
赤ワインのことです。

「ボジョレー」は地名、「ヌーヴォー」は
新しいとか先物という意味です。

秋のはじめに収穫されてからわずか2か月ほどで
作られて出荷される、できたてほやほやの
フレッシュなワインです。

「ボジョレーヌーヴォー」と「ボジョレーヴィラージュヌーヴォー」は何がちがうの?

ボジョレーでは産地ごとに格付けがされていて、
「ボジョレーヴィラージュ」はワンランク上の畑の
ブドウから作られたヌーヴォー(新酒)です。

なぜ今日が解禁日なのか?

フランスのワイン法で、ボジョレーヌーボーは
毎年11月の第三木曜日の午前0時に解禁して良いと
定められています。

時差の関係上、日本は本場フランスよりも
8時間早くワインを開けることができます。

日本は、世界でもっとも早くボジョレー
ヌーボーを飲める国の一つです。

初物好きな日本人にとっては、ヌーヴォーは
季節感を楽しめるワインですよね。

ですが、最近では、解禁日に間に合わせずに
販売されるヌーヴォーも増えてきています。

航空便を使わないエコなヌーヴォーの出現

通常、ボジョレーヌーヴォーは解禁日に
間に合わせるため、航空便を使って
日本に輸送されます。

多くのワインは船便で時間をかけて
運ばれるのですが、ボジョレーヌーヴォーは
飛行機で運ばれるのでものすごい量の
温暖化ガスを排出されます。

船便や陸路を使えば、リーズナブルなお値段で
より良い状態のボジョレーヌーヴォーを
輸送することができます。

高品質のボジョレーヌーヴォーは、できたてよりも
ボトルの中で少し熟成させたほうが、美味しいんです。

画像2

そして実はヌーヴォーを取り巻く環境問題の奥には、
別の深刻な問題が潜んでいるんです。

地球温暖化やそれによる異常気象のため、
世界のワイン産地が危機的な状況にあります。

温暖化によって、ワイン用のブドウ栽培が困難に
なりつつあるエリアが増えています。

カリフォルニアやオーストラリアや南アフリカの
ワイン産地では、干ばつによる山火事の被害が
深刻化しています。

7月にはドイツのアール地方で記録的な豪雨による
大規模な洪水がおこり、ワイン産業も甚大な被害を
受けました。

ボジョレーヌーヴォーの航空輸送が必ずしも
直接的な影響を与えているとは言えませんが、
ボジョレーヌーヴォーを静観する業界関係者や
消費者は確実に増えてきています。

画像1

2021年のヌーヴォーの味わい

色調、透明感のある美しいルビー色。

どちらかというと、フルーツよりも
お花のような香りが勝っている印象。

渋みが穏やかで、酸味が際立っています。

今年はブドウの栽培期間中に困難な時期も
あったと聞きますが、とてもエレガントな
味わいに仕上がっていました。

ガツンとした果実味があるスタイルではないので、
素材やだしのうまみを活かした繊細なお料理に
向きそうです。

焼き鳥なら、タレではなく塩ですね。
鶏レバーのパテやローストポーク、
マルゲリータピザなどにも合いそうです。

ヌーヴォーじゃないボジョレーワイン

ヌーヴォーについてご紹介してきましたが、
実は、ヌーヴォーはボジョレーで作られる
ワインのほんの一部にすぎません。

ボジョレー地区で最上級クラスに格付け
されているのは、クリュ・ボジョレーです。

クリュ・ボジョレーのワインは、
ヌーヴォーとは別次元の素晴らしい味わいの
ボジョレー産ワインです。

日本ではボジョレーヌーヴォーの陰に隠れがち
ですが、ボジョレーの真骨頂を楽しめるのは
クリュ・ボジョレーのワインです。

ちなみに、新酒での出荷は認められていません。
熟成してこそ真価が発揮され、長期熟成の
ポテンシャルを秘めているワインだからです。

だからボジョレーヌーヴォーとは、まったく
異なる方法で作られています。

クリュ・ボジョレーのワインについては、
別の機会に改めてご紹介しますね!

私とボジョレー

私自身は、ボジョレーのお膝元リヨンに
1年間留学していたので、ボジョレーはとても
なじみ深いワインです^^

解禁前夜にボジョレーで行われた収穫祭に
出かけたこともあります。たまたま寒波が
来ていて、マイナス10度の真夜中の収穫祭!
寒かったけど、楽しかったです。

解禁日になると、リヨン市では、町中の
カフェやビストロの店頭でヌーヴォーが
ふるまわれていて、収穫の喜びを肌で
感じたものでした。

画像3

20代のころには毎年の解禁日には
友人と解禁パーティに出かけて
朝まで飲んだものです^^

そして、インポーター勤務時代には、
膨大な量のボジョレーヌーヴォーを
取り扱っていました。

「ヌーヴォーのおかげで」「ヌーヴォーのせいで」
いろんな思い出がよみがえりますが、
それは胸にしまっておきます(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ワインの入門講座(無料動画65分)【期間限定で配信中】
こんな人におすすめです。
✓ワインに興味があるけれどなんだかよくわからない
✓ワインのいろはをサクッと学びたい
✓すぐに使えるワインのうんちくを知りたい
✓コロナ後にレストランで自信を持ってワインを選べるようになりたい

こちらからお申込みください。

http://wineacademy.tokyo/download1/

関連記事

  1. ワインの飲み方は、その人そのもの

  2. ワインを使って論理的思考を磨こう

  3. 他者の試飲コメントに惑わされないで

  4. ワインの香りや味わいを言葉で表現する

  5. 【ワイン試験対策に】エア・テイスティングのすすめ

  6. ワインの色はどこからくるの?

ワインコーチングとは?

Twitter でフォロー