他者の試飲コメントに惑わされないで

ワイナリーや輸入元のワインの情報を読んで、「あれ?」「そうかな?」と疑問に思うことがあります。

「このワインは、私にはフルボディに感じるけど、ミディアムって書いてある。」

「酸味は強めって書いてあるけど、私には酸味は強く感じないなぁ。」

「ワインの生産者が出している試飲コメントと、自分の感覚が異なっている。」

「私にはそう感じないけど、作り手さんが言ってるなら、そうに違いない。」

と、無理やり自分を納得させようとしまうこともあります。

 

でも、味覚は人それぞれ。

十人十色。

ちがって当たり前。

なぜなら、人の味覚は、とても主観的なものだからです。

 

酸やタンニン分などを数値化できたとしても、香りや味わいの感じ方は人それぞれ。その日の体調や天候に左右されることもあり、一般化できない部分もあります。

疲れているときは、甘いものがほしくなるでしょう。そんなときに飲むワインは、甘味を感じずらく、酸味や渋味の方に強く反応してしまいがちです。

他方で、ワインは刻々と変化していっています。

生産者のテイスティングコメントが書かれたタイミングでは、渋めのフルボディだったワインが、半年後に飲むと、なんともまろやかなミディアムボディに変化している!なんてことは、日常茶飯事です。

 

若いうちは、タンニン分という渋味成分を強く感じることが多いですが、時間の経過とともに、渋味はワインに融合されてまろやかになっていきます。若いうちほどは、渋味を感じなくなるものです。

ワインが熟成するにつれて、若いうちにはなかった複雑な香りが出現することは多いですし、その逆もまたしかりです。

 

香りについては、人によって、かぎわけることのできる要素とそうでない要素が異なるのです。

ピーマンの香りを敏感に感じる人とそうでない人。

イチゴの香りを敏感に感じる人とそうでない人。

 

嗅覚や舌にある味蕾(みらい)がものすごく敏感な人は、ありとあらゆる香りを感知することができるでしょう。それは、持って生まれた能力もあるし、幼少期に自然に触れた経験なども関連しています。

幼い頃に様々な香りをかいで育った人は、嗅覚が優れていることが多いですが、過去の経験がすべてとも言えません。

 

私自身は、嗅覚も味覚も鋭い方では決してないです。中(ちゅう)の下(げ)ぐらいですかね・・・。

それでも、ワインの仕事ができているのは、嗅覚や味覚は、経験や訓練によって、能力をある程度まで伸ばすことができるからです。

 

大事なことは、自分の感覚を人に押しつけないこと!

そして、他者の感覚(感想)をうのみにしないこと!

 

同じワインを一緒に飲んでいる人と、感想がちがう時があります。

感想も好みも、人とちがって良いんです。

自分と他者の感覚は、ちがうのです。

ちがう人間だから、感覚がちがうのは当然です。

ちがって、良いんです。

 

あなたの感覚がすべてです。

あなたの感覚を大事にしましょう。

 

 


 

■サービスメニュー
ご提供中のメニューは、こちらから

■ワインサロン
ワインサロンのご案内は、こちらから

■川口あずさのLINE@
スマホの方は、友だち追加ください。

パソコンの方は、こちらから

■無料メルマガ
川口梓のメルマガは、こちらから

■お問い合わせ
コラボ・掲載・講演のご依頼・ご注文・お問合せは、こちらから

■フォロー・友達申請大歓迎です。
川口 あずさ Facebookは、こちらから
川口 あずさ Instagramは、こちらから
川口 あずさ Twitterは、こちらから

 

関連記事

  1. ワインは冷やした方が良いのか?

  2. いただきもののワインは、すぐに飲んで良いのか?

  3. ワインの香りや味わいを言葉で表現する

  4. 比較試飲がいちばんの近道です

  5. ワインはその日に飲みきらないといけないの?

  6. 飲む順番は、色で決めよう