パリ滞在に、シャンブル・ドットはいかが?

昨年1月に、当時小3だった息子と2人で泊まったパリの宿が、ものすごく良かったので備忘録がてらご紹介します!


Booking.comで、口コミ評価が最高だったこのホテル。【星なし】だけど【満点】だから、良いホテルに決まってる!詳細を確認せずに、えーいと予約&決済しちゃいました。

「えっ、ホテルじゃないの?!」

到着してから気づいて、少し慌てました(笑)

シャンブル・ドットは、いわゆる「民泊」というスタイル!フツーのアパルトマンの最上階にあり、フランス人の一般家庭のお宅でした。 

「ま、楽しそうだから、いっか!」

このシャンブル・ドットは、私の望む条件をすべて満たしていました。

①エレベーターつき(ないホテルもパリにはたくさんある)
②ベッドは2つある(ねぞうの悪い息子と同じベッドで寝たくない!)
③広い(落ち着きのない男児がうろちょろできる!)
④口コミ評価が満点!
⑤朝食つき
 

1組限定。トイレもシャワーもついていて独立した部屋(というか、離れ)になっているので、プライバシーも保たれます。大きいスーツケースを広げてもまだなおスペースのある広い部屋は、清潔感があってとても快適。パリでこんなに広いホテルに泊まったら、いったいいくらかかるのか!
 
 
オーナーが写真家さん。フランス国内やモロッコなどを舞台にした、美しく素晴らしい写真集を何冊も出版されています。その写真集が、部屋のテーブルに置いてあるので、ゆっくり見せてもらうことができます。
 
フランス語の他の書物もたくさんあって、良い感じ。
 
 
部屋にテレビはないので、テレビが観たい息子は、オーナー夫妻の家に行って、ダイニングルームでみせてもらっていました。
 
息子は英語もフランス語も話せないけど、「ちょっと、テレビ見てくるわー。」と、フランス語しか話せないムッシュとコミュニケーションをとりつつ、大笑いしてテレビを観ていました!

 

朝食は、素敵なパリスタイルのダイニングルームにて、ご夫婦と世間ばなしをしながらゆったりと。調度品や暖炉に囲まれて、いかにもフランスっぽい雰囲気。

朝食は、焼きたてクロワッサン。サクサクで香ばしい。

マダムは英語も話しますが、ムッシュはフランス語のみ。

なんと言っても、ご夫婦がものすごく親切で感じが良いのです。


ここを選んで良かったー!!

というわけで、わが家の常宿に決定。今後パリに行くときには、はこのシャンブル・ドットに泊まることにします♪

便利な場所にあり、メトロ駅もすぐ近く。鉄道駅からは、タクシーで5分ほど。

オペラやモンマルトルへも歩いて行けます。すぐ近くに、スーパーやレストランもたくさんあります。ムーランルージュや映画アメリの舞台になった、あのカフェも映画館もすぐ近く!


時差ボケの息子が早々に寝てしまい、ディナーに出かけられないので、夜ごはんは、近所のワイン屋さんやチーズ屋さんで美味しいものを調達。オーナー夫妻にワイングラスを借りて、部屋でゆっくり楽しみました。

満足度が抜群の民泊コート・モンマルトルは、パリのアパルトマン滞在や、フランス人との会話を楽しみたい人、子連れファミリーには、絶対おススメです!ベッドが2つあるので、両親+子ども2人なら楽々泊まれます。子ども3人でもギリギリいけるかも。

ただし、一部屋しかないので、予約はお早めに。

 

CÔTÉ MONTMARTRE
11bis, rue Jean-Baptiste Pigalle
75009 Paris, France | 
+33 (0)6 14 56 62 62

https://www.cotemontmartre.com/

関連記事

  1. パリのカフェのハンバーガー

  2. じわりじわりと、バスクは熱く