コンテ、世界で一番行きたい場所

あなたは、チーズはお好きですか?

お好きだったら、お気に入りのチーズはなんですか?

カマンベール?
青かび?
シェーヴル?

私はどのチーズも大好きですが、一番は?と聞かれたら、迷わずコンテを選びます♡

コンテチーズは、フランシュ・コンテ地方のジュラ山脈の北側で生産される、ハードタイプのチーズです。

フランシュ・コンテ地方は、ブルゴーニュの東、スイスとの国境まで広がる一帯です。

ジュラ山脈に沿って広がっているエリアなので、「ジュラ」と呼ばれることも多いですが、「ジュラ」とはラテン語で森林を意味します。その名前の通り、水と緑に恵まれた地方で、地質学で使われるジュラ紀という言葉が生まれた場所でもあります。

夏でも涼しい冷涼な気候で、冬の寒さはかなり厳しい場所です。

コンテチーズは、モンベリアードという牛のミルクを使って作られます。牛1頭につき1ヘクタール以上の牧草地を確保することが義務づけられているのですが、牛たちは、美しい空気と景観の中で、化学肥料を一切使用しない自然の牧草を食べてゆったりと過ごします。

そうして搾られた安全で高品質のミルクだけを原材料として作られらたチーズは、プレスされ、前熟成を経ます。

長期熟成庫で、長いものだと1年以上寝かされます。その間も専門の熟成士たちが定期的に品質をチェックし、出荷前には、チーズ鑑定士による審査が行われます。20点満点中15点以上とれば、「コンテ・エクストラ」に格付けされるというわけ。

10リットルのミルクからできるコンテは、たったの1㎏。

厳しい基準をクリアしたコンテチーズ。おいしくない理由など、何もありません。

わが家の子どもたちには、小さい頃から、安全で美味しいコンテチーズを食べさせてきました。

そうしたら、小5の長男は、コンテとグリュイエールのちがいもわかるほどに・・・!安いチーズでごまかそうにも、なかなかごまかされません。

コンテが大好きな私たち。「いつか本場に食べに行こうね!」って、何度となく言ってきました。

そして、ついに夢が実現します!

8月に、コンテに行ってきまーす!!

コンテをたらふく食べてきまーす!!