ラベルも味わいもアートなワイン

今日の東京は暑かったですね。
28度まで上がったそうですね。

こんな暑い金曜日の夜には、きんきんに冷やした、
ピュアな白ワインが飲みたい~!!

というわけで、
オーストラリアはマーガレット・リヴァーのリースリングで
クールダウンしました。

ルーウィン・エステート
マーガレット・リヴァー
アート・シリーズ・リースリング 2017

The 柑橘!

しぼりたてのライムのようなさわやかな果実味。キリっとした辛口で、締まりのある味わい。

レモンやひんやりとした石を思わせるアロマも漂います。

香りをかいだだけで、ひんやりとした冷涼な気候を連想するほど。

とにかく、ピュアでクリーン。個人的に大好きなスタイルです^^

相性の合うお料理は、
レモンを絞ったハモ、アナゴの白焼きなどでしょうか。

素材を活かしたシンプルなお料理が合いそうです。

わが家の定番、いぶりがっことクリームチーズとも、好相性でした!

【ワイナリーについて】

ルーウィン・エステート

オーストラリアの西海岸、西オーストラリア州の高級ワイン産地として名高いマーガレット・リヴァーにあります。

ワインをアートととらえ、アートのあるライフスタイルを提唱しています。

ワイナリー敷地内には、高級レストラン・オーストラリア国内の新鋭画家の作品を展示したアートギャラリー・コンサートも開催する野外ステージなど、ワインとアートを楽しむためのプログラムを整え、「ワインツーリズム」に力を入れています。

アートシリーズは、ルーウィン・エステートが品質を追求し、最高レベルに達したワインに向けられるトップレンジ。リースリングをのぞき、毎年オーストラリア気鋭の若手アーティストが描いたオリジナルの絵がラベルに使用されています。リースリングについては、毎年、4種類のカエルのラベルです。

【ワインについて】

アートシリーズ・リースリング 2017

緑がかったレモン色。新鮮なライムを絞ったようなアロマ。柑橘類や白い花のニュアンス。非常にドライで、キレの良い味わい。飾り気のないピュアな味わい。

抜栓後、1日たっても、まったくブレない酸味や果実味が素晴らしい。良いワインの証だなと思いました。

飲み疲れしないスタイル。アウトドアにもおすすめ。青空の下で飲むのも最高に美味しそうです!

関連記事

  1. 『草上の昼食』クロード・モネ

  2. すっぴん美人な白ワイン。

  3. クリムト展にオーストリア・ワインを観る