『草上の昼食』クロード・モネ

絵画や絵画を鑑賞するときに、あなたはどういうフィルターでみますか?

ワイン大好きな私は、絵画も映画も、ついつい「ワイン」というフィルターで見てしまいます^^

ワインを通して、作者からセリフのないメッセージを受け取っているのです。

たとえば、

印象派のクロード・モネ(フランス)の『草上の昼食(1866年)』

絵に出ている貴族が余暇を楽しんでいる森は、パリ郊外にあるのではないでしょうか。

ということは、飲まれているワインは、その近辺で生産されていて手に入れやすいロワール産かもしれません。もしかしたら、ワインにはこだわりがあるので、ブルゴーニュ産の上等なワインをパリから持ってきたかもしれませんね。

白いテーブルクロスの上に並べられた、ローストチキンやキッシュ、それにワインは、豊かさや幸せの象徴。これから楽しい時間を過ごすことを予感させる場面です。

アウトドアだというのに着飾っている夫人たち。富や贅沢を象徴しています。

絵をみていると、どこまでも、どこまでも、妄想が広がっていきます。

なにか、特定のフィルターで絵画をみると、客観的にみたり、他の絵画と比べてみたり、妄想を楽しんだり、いろんな見かたができておススメです^^

あなたはどんなフィルターで絵画や映画をみますか?

関連記事

  1. すっぴん美人な白ワイン。

  2. ラベルも味わいもアートなワイン

  3. クリムト展にオーストリア・ワインを観る