性教育のように、アルコールを教育しよう

令和2年になりましたね!

今年は新しい記事をどんどん投稿していきたいと思っています^^

おつきあいのほど、よろしくお願いいたします。


ウェブセミナーを開催しました。

『家庭で伝えていきたい、中学生からのアルコール教育』

昨年7月に、公立中学校の家庭教育学級(保護者向け)で講和を行いご好評いただいたセミナー。内容をバージョンアップして、ZOOMでお届けしました。

お酒を飲むひとにも、飲まないにひとにも、最低限、知っていておいてほしい、アルコールの基本的な知識を、安全面や健康面や、さまざまな角度から、お伝えしました。

未来ある若者に、お酒の飲み方を知らないがために、命をおとしたり、健康上や対人のトラブルを抱えたりしてほしくないです。

正しく飲むことは、作り手へのリスペクトにもつながります。丹精込めて作ったワインを一気飲みしてほしい生産者なんて、いないでしょう。

アルコールの正しい知識を広く伝えていくことは、長年、お世話になってきたワイン業界へ、私ができる恩返しのひとつ。

そして、私自身、どうせワインを販売するなら、良いお客さん・洗練された飲み手を、増やしていきたい。

いろいろな想いが詰まったセミナーでした。

2月から、定期的にZOOMで開催していきます(ご案内ページは、誠意作成中です)。

今回ご参加いただいた皆さんからいただいた、うれしい感想の一部をご紹介します。

(感想ここから)
↓ ↓ ↓

★大変勉強になりました。これこそ学校で積極的に子どもたちに学んでほしい、学ばせたい課題だと思いました。

★大人の私でさえ、今の今まで何も考えずに飲でたお酒の、1日の純アルコール摂取量や飲んでからのアルコールが体から分解され抜ける時間計算法等、初めて聞くことも多くとても勉強になりましたので、これからもっと広めてほしいなと思いました。

★大人でも知らないような内容もあり、とても勉強になりました。参加して本当に良かったです。10代の子供たちにぜひ知ってもらって、楽しくお酒と付き合う人生を送ってほしいと思いました。

★中学生から知らないといけないという意味がよくわかりました。

★体に気をつけ、良いお酒の飲み方で楽しく暮らしていきたいと思います(^^)

★お酒の販売許可を持っているが、ただ売ればいいと思っているのではなくて、洗練された大人の消費者を相手に販売をしたいという、川口さんの真摯な姿勢に、あーこの人からだったら買いたいなぁと思いました。

↑ ↑ ↑
(感想ここまで)

今回の受講者は、毎晩の晩酌は欠かせないというお酒好きのかたから、お酒は弱いのでほとんど飲まない、ワインが好きな友達はまわりにたくさんいるけどご自身はまったく飲まない下戸さんというかたまで、バラエティに富んだ顔ぶれでした^^

特に強調させていただいたのは、お酒を飲めない下戸さんは、人生得していること!

「お酒を飲めないなんて、人生損してるね。」と言われることも多いかと思いますが、そんなことはありませんよー。

その理由は???

私のZOOMセミナーを受講いただければ、わかります^^

また、日本では、アルコール商品の広告・宣伝が、他国に比べて比較的自由にできる点や、路上やビーチでお酒を飲むのを禁じられている国があることなど、意外と知られていないお酒の事情なんかも驚きだったようです。

アルコール教育という、ちょっとお堅い内容だけだと疲れてしまうので、ワインのミニ講座(これだけはおさえておきたいブドウ品種)をプレゼントしました^^ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!!

今年は、ZOOMや動画を活用したサービスをスタートします。


ただいま、必死に準備しております(汗)楽しみにお待ちください!!

ワインを体験したい時は、ワインサロンへ♪
https://peraichi.com/landing_pages/view/winesalon

ワインがほしい時は、ワインのご購入のページへ♪
https://peraichi.com/landing_pages/view/orderwine

関連記事

  1. ふだん用のワイングラスを1脚だけ買うなら

  2. ワインは冷やした方が良いのか?

  3. ワインを買うときに伝えたい、5つのこと

  4. ワインの香りや味わいを言葉で表現する

  5. ワインの色はどこからくるの?

  6. ワインはその日に飲みきらないといけないの?